1965年からのこんにちは。

  • 2017.08.18 Friday
  • 18:17


CB72のエンジン腰下をもう一機もらってきました。バラして部品取り用に使用します。


CB72(77)のエンジンはプライマリーギアの部分がチェーン駆動だったんですね。
それにしても無骨で重たいエンジンです。


クランクケース御開帳。おそらく一度も開けたことのないクランクケースなので、半世紀ぶりの御開帳になるかと思います。
所々にかなりの錆がありますが、磨けば使える部品が内蔵されていました。


エンジン部品が少しずつ揃って行きます。


ピストン君は屋根裏ガレージに奉納します。


古くて汚れた中古部品を磨きながら作業します。
研磨剤をたっぷりと塗りつけて、ゴシゴシと時間をかけて磨きます。とにかく何も考えずにピカピカになるまで磨きます。


前後ホイールはアルミリムにするので、純正新品のスポークを張って行きます。前後左右の振れを視ながら時間をかけて作業します。


ホイールベアリングを交換するのに古いベアリングを取り外したら、内部から古くて汚い(しかも臭い)グリスがベッチョリ出てきました。
そんな感じで汚れ落としや磨きなどの地味な作業が続きます。なかなか形になりませんねぇ…。


参考文献

  • 2017.08.02 Wednesday
  • 20:32


CB72に関する記事が掲載されている当時物の雑誌(1967年2月発売モーターサイクリスト誌)を手に入れて、レストア&カスタムの指針を考察してみることにしました。


ポップ吉村の親父さんはドリルでポート加工していたんですね。


50年前は工作機械などはほとんど使わずに、手作業による人間力でチューンアップしていたみたいです。
その他の記事はほとんど役にたたない記事でした。


千円で落札したスイングアームは、センターカラーの部分が固着していて外すのに苦労しました。
そんな感じで作業はあまり捗らずに続く。


新プロジェクト始動!CB72レーサー製作記

  • 2017.07.31 Monday
  • 22:35


ホンダの名車、CB72のフレームやエンジン部品を購入しました。
バラ買いしたパーツを寄せ集めて、カッコ良いヴィンテージレーサーを製作するのが今回のプロジェクトです。


クランクシャフトやバルブなどの部品も状態の良いモノを入手しました。


エンジンもフレームも1965年前後に製作された部品になります。半世紀以上前の製品になりますね。


どんなレーシングマシーンになるのか今から楽しみです。妄想が止まりません!

初爆

  • 2017.06.04 Sunday
  • 09:53

梅雨入り前に 酷暑前に

  • 2017.05.31 Wednesday
  • 13:04

7時間耐久レースを走ったエイプ号のオーバーホール作業が完了しました。
エンジンはフルオーバーホール、シャシー各部の分解〜清掃〜グリスアップ、フロントサスペンションのオイル交換と油面調整、リアサスペンションはリバルディングとオーバーホールなどなどをいつもより丁寧に行いました。
梅雨入り前にナラシ運転に行きたいケド、暑くなってきたので憂鬱だなぁ。今年の夏は酷暑になるとの予想なので、もっと憂鬱だなぁ…。

うなぎとベスパ

  • 2017.05.22 Monday
  • 18:59

古くて固着したヴィンテージベスパのフロントアクスルを取り外すのに一時間以上かかりました…。真夏日の中での力任せ作業は気を失いかけます。


そんな地道な苦労は報われるわけでして、ヴィンテージベスパ号のレストア&カスタム作業は形が見えてきました。


後はチャンバーとキャブレターを取り付ければ、エンジン始動が出来ます。


クソ暑い中での作業は精力を奪われたので、ミシュランガイド掲載の名店にうな重を食べに行きました。とてもとても美味しゅう御座いました。そんな感じです。

青空整備

  • 2017.05.20 Saturday
  • 14:12


そんなわけでレース翌日から始めたエイプ100号整備の続きです。
ホイールベアリングの交換作業を行います。摩擦抵抗(フリクションロス)の少ないベアリングに交換することにより、グルングルン回るホイールにします。


エンジンはフルオーバーホールします。ベアリング類&シール類は全て交換します。クランクは芯出し調整、各部にWPC処理を施します。フリクションロス低減による燃費向上とエンジン性能アップを狙います。


歴戦の勇士の如く汚れてしまった部品を自家塗装して綺麗に仕上げます。


フレームの不必要な部分を切って削って軽量化します。今までもかなり軽量化されたフレームでしたが、更に削ぎ落とします。たまにやり過ぎて必要な部分まで削ってしまうことがあります。削り過ぎたら100ボルト溶接機で修正します。


そんでもって組み立てて行きます。軽量化とフリクションロス低減による燃費向上とタイムアップを狙います。


青空整備が気持ち良い季節になりました。
そんな感じです。


今日までそして明日から。

  • 2017.05.09 Tuesday
  • 01:41


七時間の耐久レースを走ったオートバイを全バラにして整備します。
ひとつのレースが終わったら、次の日からまた新しいレースが始まります。
座右の銘、今日やらなかったことは きっと明日もやらない。

ツアークロスはサーキット走行に適しているのかを検証してみた件

  • 2017.05.08 Monday
  • 20:08


レース当日に何故かアライヘルメットのマルチパーパスモデル゛ツアークロス゛を持ち込んだマッツン。
http://www.arai.co.jp/jpn/offtrial/tx3_t.htm


レギュレーション(規則書)的にも安全性も問題なく、レース主催者にも使用の確認済みとのことですが、サーキット走行をするにはビジュアル的にどうなのかと思います…。本人もバイザーが邪魔をして前方が見えないんじゃないかが心配の様子です。


走っている姿をみると、マイノリティ感が漂っていて案外カッコ良かったりします。
前方の視覚もあまり気にならないと言っていました。アライヘルメット特別賞とか貰えないんだろうか?




小排気量バイクでのサーキット走行は如何に抵抗を無くすかが大事なので、必然的に極端な前項姿勢になります。




前を見て生きて行きたいと思います。

楽しんだ人はみんな優勝!

  • 2017.05.08 Monday
  • 09:18






























転倒、トラブル、ガス欠、ペナルティ(ガチで怒られ猛省)などありましたが、みんなで力を合わせて、七時間の耐久レースを走りきることが出来ました。
総合順位は何だか解らない位の残念なポジションですが、71号車&42号車共に無事完走しました。
まだまだ課題は山積ですが、エイプ号はシングルフィニッシュも見えてきました。(クラス別で)
兎に角、゛レースを楽しむことにリベンジする。゛と言う課題は成就出来ました。
結成三年目のチームが十年来の仲間の様な結束力になりました。
皆さまありがとうございました&お疲れサマでした。

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM